聖書信仰の見張り人たち

聖書信仰の見張り人たち

ブログ

リック・ジョイナー

リック・ジョイナー「パウロの言葉は信仰の土台ではない」

新使徒運動(NAR)の自称使徒、リック・ジョイナーは、著書『Final Quest』の中で、幻の中に現れたパウロが「自分の言葉を信仰の土台としてはいけない」と語ったと記し、聖書と矛盾する内容を教えています。この発言は、実質的にパウロの書簡が聖書の一部であることを否定するもので、異端的教えです。

2020.09.05  リック・ジョイナー 異端 

ブライアン・シモンズ

ブライアン・シモンズの「ヨハネ22章」

米国カリフォルニア州のベテル教会など、NAR関連の教会で用いられている「パッション訳」という新しい英訳聖書があります。それを翻訳した自称使徒のブライアン・シモンズは、テレビ番組に出演し、天国の図書館には「ヨハネ22章」があり、自分はそれを見たと語っています。

2020.08.22  ブライアン・シモンズ 

ブライアン・シモンズ

パッション訳聖書の訳者「私たちはイエス・キリストが受肉した者」

パッション訳聖書の訳者で新使徒運動(NAR)の「使徒」ブライアン・シモンズは、「クリスチャンはキリスト(つまり神)になる」という異端的な教理を教えています。

2020.06.29  異端 ブライアン・シモンズ Manifest Sons of God 

ブログ「Spirit of Error」

米国のNAR研究者がイスラエルのNAR問題に言及

現代の使徒の教えをめぐってイスラエルのメシアニックジューが分裂の危機を迎えている件について、米国におけるNAR研究の第一人者がブログでNARの破壊的な影響力を示す一例として取り上げている。

2020.03.10  メシアニックジュー 

西壁

現代の使徒の教えをめぐってイスラエルのメシアニックジューが分裂の危機

『Israel Today』誌は、ユダヤ人の「使徒」と呼ばれるダン・ジャスター氏の団体「ティックーン」の神学をめぐり、イスラエルのメシアニックジューが分裂の危機を迎えていると報じている。

2020.03.03  メシアニックジュー 

Paula White

トランプ大統領が現代の「使徒」ポーラ・ホワイトを宗教顧問に任命

2019年10月末に、繁栄の神学に立つテレビ伝道者、ポーラ・ホワイトがホワイトハウスの宗教顧問に任命された。ポーラ・ホワイトは「使徒」を名乗る人物で、NARとトランプ政権のつながりが強化することが懸念されている。

2020.03.01  政治 

月別アーカイブ